お得なキャンペーン中の風俗店

「相手」という存在を考える

お客は主役ではありますけど、でもじゃあサービスの提供者に対して何をしても良いってことではないのもまた、当然だと思うんですよね。「お客は神様」なんて言葉もありますけど、それはサービス提供者側が思うことであって、決してお客側自己主張するための言葉ではないんです。これは風俗にも言えることだと思うんですよね。むしろ風俗だとどうしても自分の欲求が正直に出てしまうのもあって、何となく相手に対して横柄とまでは言わないんですけど、自分本位に接してしまうって人もいるんじゃないのかなって思うんですけど、それはやっぱりナンセンスというか、勿体ないんじゃないのかなって思いますよ。だってその自分の態度によって、女の子は残念な気持ちになるのは間違いないでしょう。表に出さないとしても内心では「嫌なお客さんだな」みたいに感じてしまうと思うんです。そうなったら風俗嬢としてのパフォーマンスだってどうしても低下してしまうんじゃないですかね。

風俗情報誌ってどう?

今はもう風俗情報誌で情報をチェックしている人は少数派なんじゃないですかね。昔は定番と言うか、むしろ風俗情報誌以外で風俗の情報を集めるのが難しい世の中だったんですよね。でも今ではそうじゃないというか、ポータルサイトがあるじゃないですか。役割的には風俗情報誌はポータルサイトに引き継いだって感じですかね。実際、ポータルサイトを運営している会社が以前は風俗情報誌を発刊していたってケースは結構多いので、役割も変わりつつあるってことなんじゃないのかなって思いますけどね。でも、たまに風俗情報誌を見るとそれはそれで楽しいんですよ。やっぱり紙で見ると記憶に残りやすいのはありますよね。それが一体何を意味しているのかまでは分かりませんけど、液晶モニターや画面で見るよりも紙で見た方がインパクトと言うか、自分の気持ちに残るので風俗情報誌だってまだまだ悪いとは言いません。それに大きく特集されている子を見ると親近感もわきますしね。